Top >  恋愛アドバイス >  現代の結婚適齢期

現代の結婚適齢期

"現在日本は、生活が豊かになったことや、医療などいろいろな技術が発達したことにより、世界一の長寿国になりました。
高齢化社会をむかえ、私たちの生活環境も、どんどん変わりつつあります。
例えば、年金の支給開始年齢がこれまでよりも遅くなり、それに伴い定年も延長されています。つまり、働く年数が長くなったということです。
このことは、結婚する年齢にも大きく影響することは間違いありません。
一例として、子供を育てることを考えると、自分が定年退職するまでに子供が独立するというプランを考えるのが一般的です。定年退職する年齢が高くなると、当然、子供を産む年齢が高くても大丈夫ということになり、ひいては結婚するのが遅くなっても大丈夫だという考え方につながります。具体的には40歳で子供が生まれても、定年退職前に子供が独立できる計算になります。
もちろん、女性の出産適齢期という問題もあるので、40歳で出産というのは負担が大きくなってしまいます。それを考慮すると、30代半ばに出産、その少し前が、結婚適齢期といえるのではないでしょうか。"

恋愛アドバイス

関連エントリー

今でも2カ月に一回は合コンします 昨日の合コンで… 高齢者に触発された20代 合コンは一種の博打だよね 結婚の適齢期は30歳前後では 現代の結婚適齢期 人によると思います 20代で結婚しても仕事が軌道に乗っているなら問題なし 新しい時代の出会い 結婚を感情で見るか、勘定して見るかの違い