Top >  メニュー >  結婚相談所の歴史

結婚相談所の歴史

日本では、江戸時代から結婚を仲介する組織がありました。地元の人からの信頼の厚い医師が、結婚の仲介、就職の斡旋をしていました。その後、明治時代になると、利益が出やすい結婚の仲介に力を入れ始めました。そして、現在の結婚相談所と同じような形を取る会社が出来ました。

現在の日本の結婚相談所は、西ドイツをモデルに、1970年代に始まりました。入会者のプロフィール等を管理し、相性が合うと判断した男女を引き合わせるシステムです。当時は、『結婚相談所』という名称ではなく、『結婚情報サービス』という名称です。

時代によって、名称は変わってきますが、結婚に関する商売には歴史があることが分かります。結婚に関する悩みは、今の男女に始まったことでなく、いつの時代でも悩む人がいたということになります。

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の仕組み 結婚相談所の歴史 婚活と結婚相談所 結婚相談所の登録年齢層―女性― 結婚相談所の登録年齢層―男性― 結婚相談所での出会い 女性が相手に求めること 男性が相手に求めること アドバイザーの存在 出会いから結婚まで 二股の過去 デートで夫婦仲良く アラフォーですが ハネムーンは沖縄へ 一生に一度だからカリブ海クルーズハネムーン フランスの田舎でのんびり 姓が変わることは憧れです 夫婦喧嘩は無かったことにする 妊娠中のアルコール